寿司職人ブログ

人生真ん中あたり

あんなこといいな できたらいいな

科学技術は進歩しましたが、日々の暮らしで不便さを感じることはまだまだ存在します。洗濯物を自動的に畳んでくれる機械とか、内部清掃機能がついているベッドのマットレスとか。毎日定刻に開閉してくれる雨戸とか。単なるものぐさなんですがね。 ツイッター…

ハイジニーナ

誰も得しない情報ですが、ハイジニーナa.k.aパイパンにしています。ついでにワキの毛もスネの毛もモモの毛も剃りました。腕の毛はもともとあまり生えていないので処理していません。 高校の同級生の女の子が「毛は身体を守る」と言っているのを聞いて以降、…

アメリカの体罰について - 寿司職人ブログ

アメリカの体罰について - 寿司職人ブログ face suspensionの意味を親切な人に教えてもらいました。suspensionは停学で、faceは直面する、つまり体罰しない場合の罰則は停学なんですね。これは痛い。そして私の英語力の低さ。。。😓 教えてくれた人、ありがと…

アメリカの体罰について

BBCニュースを読みました。 エントリのタイトルは「アメリカの体罰」となっていますが、この記事ではジョージア州の学校における体罰(corporal punishment)について述べられています。 BBC News: Georgia school to ask parents to paddle students as pun…

I have a dream

私には夢がある。 それはいつか会社のお金で海外に行くことだ(ショボい)。その夢はいつか実現できれば良いと思っていた。しかし夢は実現することに意味がある。夢を抱き続けることも大事だが 一つ実現しその次にまたさらに大きな夢を見る。これは充実した…

職場の人間関係について

職場の人間関係が悪いと業務効率が下がり業績に悪影響である。また人間関係で悩むことによりメンタルヘルスが悪化することで休職や離職に及び人材流出に繋がる危険性もある。企業の維持発展のためには職場の人間関係を良好に保つ必要があるわけだ。ゆえに人…

久しぶりのブログ更新

酒とツイッターの復活により人生が逆流しています。筋トレと英語の勉強はほそぼそと続いているものの、酒とツイッターにより日常生活と銀行口座を蝕まれております。 人生には優先順位というものがあり、近年では仕事より家族やプライベートの時間のプライオ…

心の傷の癒やし方

モーガン・フリーマンが出演する映画の邦題みたいなタイトルになってしまいました。 かれこれ1ヶ月ほどエモくなっているわけですが、自己診断では回復基調にあります。昔からわたしは「引きずるタイプ(≒執着が強め?)」なのですが、別にずっと引きずってい…

家計の見直しは固定費を削ることから

何を当たり前のことを言っているのだと叱られそうですが、「知識として知っていること」と「実際に行動し、経験すること」とは全く別です。固定費見直しの一番の敵は「惰性」です。「だって変えるの面倒じゃん」です。稼いでる人が言うならまだ気持ちは分か…

メンタルヘルスにサイケデリック薬を?

メンタルヘルスに関する記事です。 不安障害やうつ状態、心的外傷後ストレス障害にいくつかの「幻覚剤」が効果を示すんだとアメリカ精神医学会(APA)の年次大会のシンポジウムで言われていたそうです。 "Combined with psychotherapy, some psychedelic dru…

出産後の性行為について

「自分は独身だから関係ない」と言って妊娠・出産について知識を仕入れようとしないのは残念なことです。いま東京医科大学の入試の件で女性の妊娠出産とキャリアの継続について考え直そうという雰囲気になりつつあるような気が、わたしはしています。 という…

やはり酒は恐ろしい化学物質である

禁酒の禁を破ってしまいました。 8/5から3日連続で人と飲み、食べ、語らってまいりました。気になる女性を誘って飲んだわけではないので、彼女が空けていった心の穴のリハビリには直接的にはなっていませんが、気のおけない友人たちと大いに語らったことで気…

サマータイムは真夏の夜の夢

日本で東京オリンピックの期間中にサマータイムを導入するとかしないとかいう議論が起こっています。ツイッターの私のタイムラインでは導入に反対する意見が圧倒的多数を占めております。反対の理由としてはSEさんたちの「サマータイムの時間短縮処理が超絶…

離婚について

そろそろ40歳を迎えようとしている私は現在世帯を持っていますが、もし離婚して独身になったらどうなるんだろうとふと考えてしまいました。離婚後の人生について、経済・生活・恋愛の3つの観点から思いついたことを書きます。 【経済面】 経済的には離婚時に…

ダイエット・筋肉・夏

今年の4〜5月、わたしはある動画を毎朝のように観ていました。それはアメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプの就任演説の動画でした。いろいろと物議を醸す人物ですが、そういえば就任時のスピーチはどんなのだったかなと思い、またトランプ大統領はわか…

細菌がアルコール耐性を獲得したら?

鹿児島大学病院の集中治療室で耐性菌による院内感染が発生し8人が亡くなるといういたましい出来事がありました。多剤耐性のアシネトバクター(またはその類似の菌)の感染によるものだそうです。 今日の話題は耐性菌に関する英語記事です。出典は例によってM…

エモさは深夜にやってくる

ブログを書こうと思ったら寝てしまっていました。「最近少しエモみがなくなってきたんじゃないの?良かったね。」と知り合いに言われました。確かにエモいツイートは減ったように思います。しかし、私の中からエモさが消えたかといえば、決してそんなことは…

食事があなたの身体をつくる。人生までも。

BBCのニュースをひとつ紹介します。 McDonald's serves pregnant Canadian cleaning fluid latte カナダのprovince of Albertaで起こった事件です。妊娠8ヶ月のSarah Douglasがマクドナルドのドライブスルーでカフェラテを注文し一口すすったところ、中身は…

7月を振り返るとあんなことやこんなことがあった

7月総括 マンスリーでは童貞でした。 【仕事面】 これといって特筆すべき事項はない。とはいえ主に得意先との関係性構築において6月より改善した。名前と顔を覚えてもらうことができた。また旧得意先への挨拶周りもほぼ100%終えることができた。 業務上のミ…

過去の供養と自分の中の虚しさと

私の望みは何なのだろうか。 心の奥底から湧き上がるような欲望、衝動、一生かかっても良いから成し遂げたい何か、睡眠時間を削り多くの労力を費やしても構わない何か。。。そういったものが、私にはない。熱い何か、がないのだ。 多くの自己啓発的な本を読…

逃げ切れない世代

同世代の元官僚、宇佐美典也さんが書いた「逃げ切れない世代」を読みました。ブロガーのヒデヨシさんが書評を書いていたのを読んで、面白そうだワイと思ったので楽天でポチってしまいました。 日本の「先送り体質」について、何が問題になっているのか、原因…

アラフォーからの手紙

過去をひきずるのはなぜでしょう。いっそのこと自分の気持ちを書き出してみれば少しは過去の軛から自由になれるかもしれない。 あまりにも彼女との思い出が良すぎたのかもしれない。なにしろ出会ってから約1年、夢のような時間だったと別れて約半年経った今…

ハゲ・ボウズ、、、過去は現在に復讐する

わたしは高校の卒業アルバムに丸坊主で映りました。なぜか。理由はかんたんです。写真撮影のタイミングで丸坊主だったからです。なぜかその当時、同級生の間で坊主にするのが流行っていたので、わたしも坊主にしたのです。若気の至りですね。せっかく髪の毛…

認知症新薬の続報について

何回か当ブログでも取り上げているアルツハイマー型認知症の治療薬について、エーザイとバイオジェンが第2相試験で主要評価項目を達成したというニュースがありました。そのニュースに続報が出ましたので、英語の勉強がてら皆さんにお伝えします。 Biogen, E…

男メンヘラ三界に家なし

ここのところ落ち込んでいます。オチンコは出ていません。通報しないでください。 理由は今でも過去を引きずっているためです。今までこんなに引きずることはなかったので、自分でも正直驚いています。一体どうすればよいのでしょう。相談した友人たちは「時…

酒を再開して人生変わったw

「MNTが読めないならNMを読めばいいじゃない。」マリー・アントワネットのこの一言がパリの民衆を激怒させたと聞いたことがあるというのは嘘です。NMというのはNews Medicalの略で、Medical News Todayと似たようなライフサイエンス・医学系ニュースをまとめ…

お酒とダイエット

成人、とりわけ基礎代謝が著しく落ちる35歳以上の人が減量する上で気になるのが「酒」との付き合いです。わたしは今は飲むのをやめてしまったので「飲まなきゃいいじゃねーか」で済みますが、仕事やら何やらで酒を飲まないという選択肢がとれない方もおられ…

アンチエイジング界に新たな衝撃!

ハゲている僕に朗報です。 全世界のハゲとシワに悩む方々を勇気づける記事がMedical News Todayに掲載されていました。 The dream of being able to preserve our physiological youth has haunted humanity for centuries, and the more science advances, …

あの性的行為があなたの健康に繋がるかもしれない

※今回のエントリには性的なコンテンツが含まれています。そういうのが苦手な方は読むのを控えたほうがよいかもしれません。 かつては変態的行為とされたオーラルセ。クスもいまや一般的な行為となった感があります。世の中にはいろいろな性癖の持ち主がいて…

いい男になるために

いまは別れてしまいましたがかつてお付き合いのあった人は、私をこう評しました。「別にいい男ではなかった。」と。 確かにその通りであります。実に的確な評価と言えましょう。「ルックス」「スペック」「仕事の能力」「生まれ育ちのよさ」「ファッションセ…