寿司職人ブログ

人生真ん中あたり

インセンティブは経済の原理のひとつである。

 車を買いました。不安なので自賠責保険だけでなく任意の保険にも加入しています。良き市民であるために当然の選択だと思います。いつ加害者・被害者になるかもしれませんからね。。。

 私が加入したのは損保ジャパン日本興亜の「THE 車の保険」です。ネーミングがダイソーっぽいので少し不安になりました。商品名にはもう少しこだわりを持ったほうが良いかもしれませんね。。。

 実は車を所有するのは初めてなので、保険等級は6sからのスタートです。35歳を超えているので若年者よりは多少安くなるようです。アメリカでは16歳くらいの若者が車を運転していますが、保険料はいくらくらいかかってるのでしょうか。アイダホやノースダコタ州などでは14歳から運転できるそうですが、35歳の人が払う保険料の3倍くらいの費用がかかるんじゃないでしょうか。

アイダホ大学卒業式卒業証書フレーム OTHER

(写真はアイダホ大学卒業証書)

 さて、私がなぜ損保ジャパン日本興亜の「THE クルマの保険」に加入したかというと、安全運転へのインセンティブがあるからです。具体的には下記のシステムです。

f:id:sushishock9:20180624070753j:image

 安全運転診断アプリで運転を診断して高得点を取ると保険料が安くなるというシステムです。医療保険だか生命保険だかにも、血圧やらの数値が保険料に反映するものがあったような気がします。

インセンティブの経済学

 カーディーラーからはこれを含めたいくつかの保険を提案されていました。特に三井さんの「GKクルマの保険」をプッシュされました。同乗者の高次障害保障などのキメ細かいサービスが良いのでは、と勧められました。しかし「THE クルマの保険」の「頑張ったぶんだけ報われる」という仕組みは、わたしのような真面目で善良かつ意識の高い人間にとっては極めて魅力的にうつりました。というわけで月一万円を超える保険料ではありますが、当保険に加入した次第です。

 運転前に毎回例のアプリを起動させ運転診断を行う必要がありますが、慣れれば問題ありません。問題点としては、安全運転のハードルがやや高いところにあります。何回「えっ、この加速でアクセルふかしすぎと判定されるの?」「信号で停発車するたびにローに入れないとエコ運転度が下がるのかよめんどくせえー」と思ったことでしょう。

参考のために実際の画面を貼っておきます。

f:id:sushishock9:20180624072612j:image

f:id:sushishock9:20180624072630j:image

(※後続車はそうとうイライラする運転だと思います)

 運転技術に意識がいきすぎて逆に事故ってまうわ、とツッコミを入れてしまいました。(わたしの運転が下手すぎるのでしょうけど笑)

図解運転テクニック

 とはいえ、「事故がない」のと「安全運転」は全くの別物です。冒頭にも述べましたように、いつ被害者・加害者になるか分かりません。少なくとも加害者にはならないように、セーフティファーストで周りに配慮した運転を心がけていこうと思います。なおこのアプリ、運転距離に応じてマイルがたまりまして、そのマイルを消費していろんなプレゼントに応募できるなんて楽しみなインセンティブもあります。

 というわけで、今日も運転します。みなさんも充実して安全なカーライフを!

休みの日こそ早起きをすると人生がブルーオーシャン化する

 昨夜床に就いたのは24時前でした。いつもより遅くに眠ったのです。しかし今朝がた目が覚めたのはいつもと同じ時間帯の5時15分でした。「毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きる」というのは不眠症の最も効果的な治療とされる認知行動療法の一つであります。

 昨夜はいつもより寝るのが遅かったのです。しかし決まった時間に起きることができました。上述したように、不眠症認知行動療法においては就寝と起床時刻を一定にすることが理想です。しかし現実は何らかの事態により就寝予定時刻より寝る時間が遅くなることが多々発生します。その場合、寝る時間は遅くなっても起きる時間を一定にすると良いと言われています。睡眠時間そのものは短くなりますが、それにより光を浴びてメラトニン分泌量をいつもと同じ値にして、かつ脳内のアデノシン濃度を高め睡眠圧をかけることにより夜は決めた時間に眠れるようにするのであります。

やってはいけない眠り方 (青春新書プレイブックス)

 わたしは5:15に起床したあとはゆっくりと洗顔し、ドルチェグストで抽出したコーヒーを飲みながら英語の勉強をしておりました。サーバーエラーかなにか知りませんがduolingoが使えなかったのでpolyplotsで英語記事を読んでおりました。「日本語訳あり」の記事を1本と、「医学・医療」に関する記事を1本読みました。医学記事についてはがんの転移(metastasis)にendosomeが関わっていることから、あるendosome関連遺伝子を詳しく調べることでがん転移の予防・治療に役立つのではないかというものでした。

生物の科学遺伝 70ー2 特集:真核細胞の共生由来オルガネラ研究最前線

 endosomeの研究は最近トピックスのようで、検索したらNCBIの総説がヒットしたのでabstractだけ読みました。単語の専門性に目を瞑れば、医学論文関連の英語は日本人にとってはわりと読みやすいので、TOEIC400点代の人でも興味を持って読み進めることができると思います。

 その後は橘玲の「朝日嫌い」という本を少しばかり読み、体幹を鍛える筋トレを少々嗜み、ゴミ出しを済ませ、靴磨きをして心を落ち着かせ、今こうしてブログ記事を書いております。

 ああ、早起きするとこんなに自分の時間を持つことができる。早朝は人生のブルーオーシャンや〜!と彦摩呂風(古い)の感想を抱いたのでこの感動をみなさんと共有したいと思います。(今夜は早めに寝よう)

ブラームスの子守歌

ブラームスの子守歌

  • オルゴール おやすみ赤ちゃん
  • クラシック
  • ¥150

腰は使ってないのだけれど

腰椎椎間板症と診断されました。

 2週間ほど前から安静時にもかかわらず背中と膝に痛みがありました。膝の痛みについては歩行に支障が出るほどでした。何しろ朝起きたときに既に痛みがあるので、「これはおかしい」と思い信頼している整形外科を受診したわけです。そこで問診、種々の理学・神経学的検査を経てX線写真を撮り、上記の診断が確定されました。

オリヒロ 高純度 グルコサミン 徳用 900粒(90日分)

【膝について】

 X線写真上は特記すべき所見なし≒骨・関節に画像上の異常はありませんでした。年寄りに多い「変形性膝関節症」ではないようです。筋肉・腱の異常(炎症)であろうということです。体重増加とハムストリングスが弱くなったことにより痛みが生じたと説明を受けました。肥満と運動不足はダイレクトに運動器(骨や筋肉)を損ないますね。。。

【腰について】

 背中の痛みを訴えましたが、理学的検査と神経学的検査で、悪いのは腰だと見抜かれました。仰向けに寝転んだ(仰臥位)あと「足の指に力を入れて」と指示され、足の指を検査者(お医者さん)向きに引っ張られるという検査がありました。痛みがあるのは左膝でした。こちら側の指にも力を入れたつもりだったのですが、引っ張られるとその方向に容易に指が曲がってしまうのです。痛みのない右側の指は引っ張られても曲がりません。また、左右の足をチクチクと刺激されるのですが、痛みの度合いは右側のほうが左より強かったのです。これらの検査結果と背中・腰の触診にて「悪いのは腰だな」と見抜かれたわけです。

レントゲン (コミック版世界の伝記)

 X線写真を供覧できないのが残念です。骨盤・股関節には異常ありませんでした。ただ残念ながら腰椎、とりわけL4、L5の椎間の距離が狭く、また若干飛び出して神経が圧迫されており、そのせいで痛みがあるということでした。これもやはり肥満と運動不足(による筋力低下)がそのベースにあるということでした。いわゆる「坐骨神経痛」の症状であります。なんだかおじいちゃんになったみたいです。。。対処法としては体幹部の筋トレと減量です。薬物治療としては対症療法になりますが、痛みを取るNsaidsを使います(痺れや痛みが酷くなれば神経痛に効くプレバガリン、抗うつ薬などが使われるようですが、そこまで痛くないので使いません)。

長友佑都体幹トレーニング20

 私の場合、肥満と運動不足は怠慢と飲酒と過食からきています。悪い生活習慣が体調に跳ね返ってくる年齢になったーいつまでも若いわけではないーことを意識し、ペインレスな日々を取り戻したいと思います。

会話が楽しければ素面で盛り上がれる

 昨日は寿司屋の人たちとメシを食べに出かけました。幹事の方が中華料理屋のリーズナブルな飲み放題・食べ放題プランを頼んでくれていたので大いに飲み食いをしてきたわけです。高級な中華料理屋ではないので、この価格でサービスするためには一体どんな食材を使っているんだろうと少し気になりましたが、一晩たったいま、特段消化器系に異常をきたしているわけではないので問題ないのでしょう。

中華一番!極(1) (講談社コミックス)

 さて、わたしは酒を飲むことをやめておりますが、職場の飲み会でももちろん酒を飲んでおりません。みんなビールやらハイボールやらを飲んでいる中で、わたしだけジャスミンティーやウーロンティーを飲んでいるのです。最初から「酒を飲まないやつ」と認識されていると職場の飲み会で酒を飲まないことも受け入れられます。先日チェーン店の中で異動がありまして、新しい職人さんたちとの懇親会だったのですが、他人に酒を強要するような人たちではないので仲間に恵まれているなあと思った次第です。

今日も飲み続けた私 プチ・アルコール依存症からの生還 (講談社+α新書)

 立場を利用して飲酒を強要するタイプの人がたまにいますが、そういう人は条例で取り締まられるべきだと思います。「確かに飲むことを勧めたが、飲むのを選んだのは自分自身だ。俺には責任はない。」などと抜かしやがりますからね。就業規定にセクハラパワハラを禁止する記載がある企業さんもあると聞きますが、アルコールハラスメントについても明記されるべきでしょう。先日、前の職場でかつて私に飲酒を強要してきた人(自分は飲まない)から電話がかかってきましたが無視しました。アルコールという薬物の力を借りて場を盛り上げることと、トレインスポッティングのように、仲間内でヘロインを打ち合ってキマってることは本質的には同じではないでしょうか。

 

トレインスポッティング(字幕版)

 日経ビジネスオンラインにて、元アル中のライター・小田嶋隆氏と肝臓専門医と酒ライターの方がアルコール依存症について語り合う企画が連載されています。

・酒は百薬の長ではない

アルコール依存症は完治しない

 (ぬか漬けのキュウリは決してもとのキュウリには戻らない)

・飲む酒にこだわらなくなったら危険なサイン

・酒を飲むことで安心する

などなど、実体験を踏まえたアルコール依存症患者の実像を知ることができます。無料記事なので一読されてみてはどうでしょうか。

 わたしが禁酒したのはダイエット目的でもありますが、アルコールを摂取することで人に迷惑をかけたことが続き「自分自身を制御する」ことが困難になり、このままでは危ないな、という思いを抱いたことが主なきっかけとなっています。極端な選択なのかもしれませんが、今はそれで良いと思っています。また、健康のためとか仕事のパフォーマンスを上げるための禁酒というよりは、「酒を飲んでいない(ことを公言して実行してる)自分が好き」ということもあります。酒より自分が好きでした。自分を愛することができる、自分に承認を与えることができる。これは素晴らしいことだと思います。酒を飲まないだけで充足した気持ちになれます。

 こんなことを考えるたびに、ああ自分はアルコール依存に片足を突っ込んでいたのかもしれないと空恐ろしくなるのでした。

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

諦める技術?

「諦めないこと」を勧める格言はたくさんあります。

もちろん、生まれつきの能力の問題も

まったく無視はできない。

それでもやはり、

これはおまけみたいなものだ。

絶え間なく、

粘り強く努力する。

これこそ何よりも重要な資質であり、

成功の要といえる。

トーマス・エジソン

 エジソンが言うと説得力があります。白熱電球のフィラメントに適した素材を見つけるためにおよそ2千ものトライアルを行いましたがことごとく失敗。それでも諦めず、ようやく出会ったのが日本の京都・八幡の竹。そしてエジソンは電灯の商業化に成功したのでした。

エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)

(この本ではありませんが、私も少年時代にエジソンの伝記を読みました)

 この他にもいくつか格言を紹介します。

絶望は愚か者の結論である。

ーベンジャミン・ディズレーリ

 19世紀イギリスを代表する大政治家です。のちの帝国主義的政策の端緒を開いたと言われています。

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。

リチャード・ニクソン

 ウォーターゲート事件とその後の対応の失敗によって失脚したアメリカの元大統領です。ドルの固定相場制を一方的に打ち切ることでドルを切り下げ、経済活性化を狙ったニクソン・ショックで有名です。

諦めたらそこで試合終了ですよ。。。?

ー安西監督(SLAM DUNK

 「諦めない」に関する格言では、この言葉ほどインターネット人口に膾炙したものはないのではないでしょうか。いささかクリシェ化した感は否めませんが、最後まで諦めずやり抜くことに対する分かりやすい肯定的メッセージであることに違いありません。

SLAM DUNK 新装再編版 1 (愛蔵版コミックス)

 わたしは「諦めない」ことを否定するものではありませんが、ものには程度というものがあるだろうと思っています。「何を」諦めないのか、その結果自分や他者が「何を」得るのか、「諦めない」結果、失われてしまうものは何かー現実主義的というか、打算的に考えてしまいます。そして大抵のことは「諦めてもかまわない」ことのように思います。フラレた相手をいつまでも諦めないでいるとストーカー扱いされてしまいます。自分にとっての必要性・切実性をよくよく考えたほうが良いでしょう。日露戦争の英雄・日本帝国陸軍大将の白川義則はかつて教導団に入団するさいに規定の身長に数ミリ達しておらず、入団を拒まれたそうです。しかし彼は「いま伸びたかもしれない!」と責任者にしがみつき、入団を許可されたという本当かどうか分からないエピソードがあります(漫画「日露戦争物語」より) 。

日露戦争物語 コミック 全22巻完結セット (ビッグコミックス)

 生きるか死ぬか、そんなときには諦めないほうが良いでしょう。とはいえ「行き死にには関係ないから諦めよう」では社会人として信頼されないので、諦めるにも「技術」が必要だと思うのです。いったいどんな技術かといいますと、それは「リフレーミング」「ペンディング」です。 

 リフレーミングとは、思考のフレー厶を変えて捉えるということです。目線を変えてみる、ということと言えます。ペンディングとは、中止ではなく、保留することです。「一旦手を止めて、別の視点から考える」これです。諦めてるようで諦めてないようにも見える。中途半端のようですが、これで良いのです。煮詰まった料理は「いったん」火を止めてやらねば焦げ付いてしまいますからね。そのうち冷めた頭で考えてみたら、諦める必要がなくなるかもしれません。ペンディングとは、解決を時間に任せるということでもあるかもしれません。

 目標があり、それを達成しようと頑張る人は魅力的です。わたしはそういう人間でありたいのです。

謝罪

 サッカー日本代表がコロンビア代表に勝利。負けると思っていましたが、コロンビアの選手がまさかの冒頭ハンドで一発レッド、ハメス・ロドリゲスもトップフォームではないなど運を掴み取った日本代表が2-1で勝利です。西野監督、選手たち、お疲れ様でした。

 個人的に特に良かったと思うのは柴崎選手です。効果的にパスを散らしコロンビアの狙いを外したり、また随所に楔となる縦パスを入れてコロンビアの守備を脅かしていました(前半、縦パスが連続でカットされた場面もありましたが)。負傷して大事をとって交代したあとは中央からの縦パスが殆どなく、柴崎選手が遠藤保仁さんばりの存在感を放っていたことを実感した次第です。

 日本らしさとはショートパスをつなぐポゼッションサッカーではなく、派手さはないが耐えてスキを狙う我慢のサッカーだなと思った次第です。勝つ、ということを強く意識した試合運びだったなと感じました。

 しかし、ワールドカップ直前で監督交代して仮に決勝トーナメントに進めたとすると、四年間の準備とは一体。。。という疑問も湧き上がってきますね。しかしこれが勝負事というものなのでしょう。厳然とした実力差はあるものの、筋書きのないストーリーであっと驚く結果が出るのがサッカーはじめ勝負事のならいと言えましょう。。。

 改めて、バカにしててごめんね!日本代表!開き直って愚直に取り組めば実力と幸運がついてくるものなのだなと、学ばせていただきました。進歩とは直線の階段ではなく、螺旋階段なんだ。

片手間には片手間の仕事しかできないというお話

 むかし、アメリカ横断ウルトラクイズというクイズ特番がありました。「ニューヨークに行きたいか〜ッ!?」というキャッチフレーズは、アラフォー以上の人にとっては懐かしいフレーズだと思います。1998年の第17回目を最後に、ウルトラクイズはその幕を下ろしました。なんとギネスブックに「世界で一番制作費のかかったクイズ番組」として載っているそうです。

ギネス世界記録2018 GUINNESS WORLD RECORDS 2018

実際には1998年の第17回はスペシャル版ということで、92年の第16回が恒例企画としての最後の放送だったそうです。92年といえばバブル崩壊直後ですから、経費面でたいそう厳しかったのだろうと考えられます。しかし、それでもウルトラクイズには夢があったなあ、スケールが大きい番組だったなあと思うのです。いまは海外旅行は当たり前になっていますし、Expediaを使えば安く海外旅行を楽しむことができます。こんな時代に「スケールの大きさ」を求めるとなると、宇宙旅行に行くしかなくなるではありませんか。しかし圧倒的経費がかかるので、いまの民放各局の実力では種子島宇宙センターでロケットの打ち上げを眺めるクイズ番組が関の山でしょう。

○×ピンポンブー

 日本のTVは殆ど観ない私です。しかしメディア・コンテンツを遮断しているわけではございません。今までNetflixと契約していました。しかしながらこの度UNEXTに宗旨替え致しました。月額料金は2倍になりますが、雑誌が読めるのと作品数が多いのが良いですね。電車通勤しながらスマートフォンでいろんな雑誌が読めるのは有り難い限りです。スキマ時間にはスキマ時間的使い方がありますから。読書するならもう少し落ち着いた時間と場所を確保して取り組みたいものです。

 なおこの文章は電車に揺られながらアウトプットの練習がてら書いたものです。スキマ時間は駄文を書き連ねるためにも使えそうです。