寿司職人ブログ

人生真ん中あたり

認知症新薬の続報について

 何回か当ブログでも取り上げているアルツハイマー認知症の治療薬について、エーザイとバイオジェンが第2相試験で主要評価項目を達成したというニュースがありました。そのニュースに続報が出ましたので、英語の勉強がてら皆さんにお伝えします。

Biogen, Eisai sink as much-awaited Alzheimer’s results raise more questions

というタイトルで記事が書かれています。sinkを沈むと訳して良いものか悩みます。待望のアルツハイマー認知症の治療薬候補物質が一定の成果を出したものの、より疑問が湧いてくるという文意として、それにasがくっついているからsinkは沈むと訳していいのかな。27日、エーザイの株価は上がったけどバイオジェンの株価は下がってるんですよね。

あ、26日のブルームバーグの記事ではエーザイ株も下がったと書いてあるからsinkは沈むと訳して良さそうだ。

Investors still have questions about the sucess of an experimental drug from Biogen and Japanese partner Eisai.
The drug, dubbed BAN2401, was shown to slow the declines in memory and clear thinking associated with Alzheimer’s disease in a clinical trial.
At a higher dose over 18 months patients showed a significant clearance of amyloid plaque buildups in the brain, of 93 percent

バイオジェンとエーザイが開発しているBAN2401は記憶力の減弱をマイルドにし、認知機能の改善を示したがこの結果に対して投資家たちは疑念を抱いているようです。最高用量の18ヶ月投与で93%の患者が蓄積されたアミロイドβの有意なクリアランスが見られ、また臨床的にはプラセボ群と比べて認知機能の低下を30%抑制したということですが。。。

 

投資家たちの疑問はだいたい以下のようなものとなっております。

While the high dose showed a 30 percent improvement on a composite endpoint of cognition measures — one made up of several better-known scales — it didn't meet statistical significance on one more common measure.

認知機能を評価するにもいくつか方法があるんです。今回の試験で使われた認知機能評価スケールはスタンダードなものではなく、そんな認知機能評価スケールで有意差ついたっていってもネェ。。。というもの。より詳しくは、以下。

The 30 percent slowing of Alzheimer's progression in the results released Wednesday was measured by a scale called the Alzheimer's Disease Composite Score, or ADCOMS, a combination of commonly used endpoints that gauge cognition, or the ability to remember things and think clearly. On a more common measure of cognition, known as ADAS-cog, the highest dose of BAN2401 slowed progression by 47 percent compared with placebo.

On another well-known measure, known as the Clinical Dementia Rating, or CDR, the difference between the highest dose and placebo was 26 percent, but that result didn't meet statistical significance. That metric is particularly important because it's the primary goal of Biogen's ongoing aducanumab trial, Piper Jaffray analyst Chris Raymond wrote in a note to investors Wednesday evening.

今回の試験では認知機能評価にADCOMSというスケールをつかってます。一般的に用いられる指標を組み合わせたものだそうです。わたしも初めて聞きました。

有名な認知機能の評価スケールにADAS-cogというものがありますが、BAN2401はプラセボ群と比較すると47%、この値の低下を抑制したそうです。ところが、また別の有名な認知機能の評価スケールであるCDRでは26%の差が出たものの統計学的有意差は示せなかったそうです。認知機能の経時的変化をCDRで出すのはどうかなあと思うのですが、まあ、そういうものなのでしょう。

また、こんな質問も出されたようです。

There were also questions about the lower doses, which didn't appear to work. And, later, the reveal that the highest dose group, which performed so well, had significantly fewer patients with a genetic mutation known as APOE4 associated with Alzheimer's disease than the other groups. While it's not known whether patients with this mutation decline faster than those without it, analysts and investors raised questions about whether that could account for the more positive result in the high-dose group.

低用量群は効果なしなんですねー?という疑問と、あと一つは患者背景に関する疑問です。最高用量群について、確かに良い効果を示してはいます。でも、そのグループに組み込まれた患者は、アルツハイマー認知症の発症に関わる遺伝子ーAPOE4変異がある患者が他の群に比べて少ないんじゃないの?というものです。バイオジェンの人は

 "And the one on APOE is obvious and very fair. We have to follow through on that."

と言っていますが、まあ、意図的にやってたら試験の信頼性は一気に失われますからね。

 

 いずれにしても、今後、第3相試験に進むにあたり、これらの疑問が解消されるようにしてもらいたいものですね。これからも引き続きこの話題をフォローしていきますね。