寿司職人ブログ

人生真ん中あたり

【ビジネスツール紹介】手帳

 俺はかつて「手帳の高橋」を使っていたのだが、2年前から能率手帳のNOLTY アクセスA5-3(ネイビー)を愛用しておる。

 

 なぜ数多ある手帳の中からこれを選んだか。いちいち比較検討したわけではないが、俺の働き方に合った機能を有しており使いやすいことが決め手となった。

 手帳のアウトルックとしては地味であるが、使いやすければなんでも良いのである。何が使いやすいかというと、

①月の予定が見開きであること

f:id:sushishock9:20180402152039j:image

ほとんどの手帳が見開きだと思うが、この手帳は1日あたりの書き込めるスペースが広めなので助かる。

 

②一日の予定が1時間ごとに区切られていること

f:id:sushishock9:20180402152124j:image

何時にどこに行く、その次にはどこに行く、とスケジュールを書き込みやすい、と俺は感じている。

 

③1ヶ月あたりの自由記載のノート部分が多い(4ページ)。

会議や研修において、基本はノートを別に持ち込んでいるのだが、常に見返しておきたい要点については手帳に書き込む。そのメモるスペースに余裕があると助かる、と感じている。

 

 お客様を目の前にしての商売だと、お客様の前でスマートホンをタップしてスケジュールなどを入力するのは失礼だという感覚がある。手帳ならお客の話をメモして、熱心なヤツだなと思ってもらえる可能性も生じる。充電が切れてブラックアウトすることはない。

 

 都会の意識高いビジネスマンには「まだ手帳でスケジュール管理してるの?」と馬鹿にされそうだが、まあまあ紙媒体の手帳も良いものだぞ。